避雷装置

避雷装置/Lightening protection device

本装置は有線による電源供給及び制御方式の機器に於いて、電源系及び信号系の線路側から及びアースからの誘導雷による
機器の障害を防止するものです。

特徴

 独自の先進技術から生まれた特徴と性能
高エネルギー
減衰力
サージエネルギーに対し、高い減衰力を発揮。
大耐量 コンパクトな形状ながら、大きなサージ耐量。
高速性 急峻なサージに対し、速い応答速度を実現。
高信頼性 連続雷に対しても確実に対応
高耐久性 10年連続使用が可能な耐久性を保持。
最適特性設定 各種使用回路に対して、最適な最大許容回路電圧、制限電圧、静電容量、サージインピーダンス、
周波数特性、挿入損失等、必要特性が設定可能で、使用現場に最適な耐震ユニットに設計できる。
多用途 交流/直流電源回路、デジタル/アナログ信号回路等、あらゆる回路に多用途に使用できる。

性能

0~10MHz ALP型シリーズ PLP型シリーズ
使用回線 アナログ信号回線、接点信号回線、電源回路 デジタル信号回線、パルス信号回線
最大許容回線電圧 AC 10~300V AC 15~450V
制限電圧 100V~400V
サージエネルギー
減衰量
通信・信号用-60dB以上 電源用-40dB以上
サージ耐量
(8×20μs)
20000A以上(VT/VM型10000A以上)
応答速度 3nsec以下
伝送特性
(600Ω負荷)
0~10MHz 0~10Mbps
伝送特性
(600Ω負荷)
10年連続使用可能

システム構成

●アレスタ
電源線及び信号線からのサージが電気設備に侵入するのを阻止します。

製品案内

VAシリーズ VAJシリーズ VNシリーズ VTシリーズ
●VAシリーズ●VAJシリーズ●VNシリーズ●VTシリーズ
大電流・大容量の電源回路用ユニット
同容量の耐雷トランスと比べ、小型化・低価格化を実現 大サージ耐量(30000A)、高速動作(3nsec以下)
本体が故障した時、自己表示機能を備えています
新JIS規格(クラスI)に対応する大容量電源用シリーズ
直撃雷(10/350μs)25kAに耐え得るサージ耐量
雷サージ電圧を1kV以下に制限
電源耐雷対策のスタンダード
小容量電源に最適(0.5kVA~6kVA 5A~30A)大サージ耐量(30000A)、高速動作(3nsec以下)
形状の小型化により省スペース化を可能にしました
耐雷のすべてを兼ね備えた信号用避雷ユニット
プラグイン形式の採用とバイパス機能により本体を取外しても回線断がないため、保守作業が容易になりました
アースからの逆流による誘導雷防止効果の強化
VMシリーズ PKシリーズ HKシリーズ ALPSシリーズ
●VMシリーズ●PKシリーズ●HKシリーズ●ALPSシリーズ
多様性を極めた超小型ユニット
超小型により機器内への組込みが可能
高サージエネルギー阻止力、高速動作を実現
(サージ減衰量-60dB以上 動作速度3nsec以下)
ネットワークに組込めるコネクタ一体型ユニット
工事の簡単なパッケージタイプ
LAN・電話回線・各種計測/接点信号・電源回線などに対応
高速デジタル通信用避雷ユニット
高速ネットワークへの対応が可能
高サージエネルギー減衰力、高速動作を実現
自動復帰ブレーカーと高速回線避雷ユニットの一体型
トリップ後、約16秒以内で自動復帰
再投入後、約5秒以内に再トリップの場合、地絡事故と判断し、永久遮断
カウンターにより動作回数を表示
●その他製品・・・雷サージカウンタ等   
雷サージの発生回数をカウントし、耐雷対策及び避雷ユニットの保守に役立てます      

雷害の種類

●直撃雷

動力・通信線への直接放電によって発生する異常電圧
直撃雷サージは現状では直接雷サージから機器等を守る有効な手段はありません。
よって避雷針や鉄塔などのアンテナに落雷することが多いため、直撃雷サージは避雷針や架空地線を設置して雷エネルギー
の大半を吸収し、吸収しきれなかった分を避雷器で受け持つように対処する必要があります。

●誘導雷

放電地点近くの動力・通信線に、静電誘導や電磁誘導によって発生する異常電圧

●静電誘導による雷サージ

動力・通信線の上空に、雲底が負電荷に帯電した雷雲があると、動力・ 通信線には雷雲からの静電誘導により正電荷
が帯電し高電圧になります。この時雲間放電や雲~大地間放電により、雲底に帯電していた負電荷が消滅すると放電
すると)、いままで動力・通信線に拘束されていた正電荷は解放され両方向に誘導雷サージとして発生します。

●電磁誘導による雷サージ

雲~大地間放電が動力・通信線の近くで発生したとき、雷電流により磁界が発生し、電磁誘導により動力・通信線に
誘導雷サージが発生します

●設置雷

設備の避雷針等に落雷があると、その周辺の大地電位が大きく上昇します。しかし、接地極から周辺へと遠ざかるにつれて
大地電位の上昇は小さくなるため、避雷針付近の設備と周辺の設備には大きな接地電位差が生まれます。この接地電位差が、
結果として接地雷の廻り込みという現象を発生させてしまいます。

資料ご請求・ご質問・お問い合わせ

当事業部製品についての資料ご請求・ご質問・お問い合わせ等は、下記ご連絡先までお気軽にご連絡下さいませ。
担当者にて確認後、ご回答させて頂きます。

メールフォームからのお問い合わせはこちら

荏原商事株式会社

  • 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町三丁目9番10号
  • 茅場町ブロードスクエア5F
  • ▶アクセスマップはこちら
  • TEL: 03(5645)0151  /  FAX: 03(5645)0158

Copyright (C) Ebarashoji Co.,Ltd. All Rights Reserved.